美術・絵画の豆知識

美術、絵画の世界に一歩足を踏み入れると途端に出くわす、数々の専門用語たち。
 
『これ、どういう意味?』
『そもそも、テンペラ工房の”テンペラ”って何?』
 
そんな疑問、質問にお答えします。
ちょっとした細かいことでも一度知っておけば、
絵や美術品をより一層深いところまで味わうことができます。
 

 

第1章 テンペラ画とは?

『テンペラ画』という絵画を、ご存じですか?
 
『絵画と言えば、やっぱり油絵じゃないの?』と思われる方も多いはず。
 
確かに多くの日本人の方は、絵画と言えば真っ先に、
麻布キャンバスの上に艶やかな絵具がコッテリと塗り重ねられた油絵をイメージするかもしれません。
 
しかし、テンペラ画は西洋の美術史において欠かすことのできない存在であり、
油絵にはない独特の美しさと、奥深い魅力を持つ絵画です。
 
ここではその歴史を少しひも説いてご説明いたします。
 

『テンペラ』という言葉の語源

 
イタリア語『Tempera(テンペラ)』の語源は、ラテン語の『Temperare(テンペラーレ)』で、
「混ぜ合わせる」という意味があります。
 
19世紀の産業革命により、上場でチューブ入り絵の具が生産されるようになるまでは、
画家は顔料と展色材を自分で混ぜ合わせて作っていましたので、
その行為を『Temperare』と言っていたようです。
 
顔料と油を混ぜあわせた絵具で描いた絵画を『油彩画』と呼ぶようになった今日では、
それと区別する意味で、顔料と卵黄を混ぜあわせた絵具で描いた絵画を特に『テンペラ画』と呼んでいます。
 

テンペラ画の歴史

 
西洋絵画と言えば『油彩画』を思い浮かべる方が多いと思いますが、
その歴史上の長い期間、その主軸はしっくいの壁面に描かれたフレスコ画や
石膏の下地を施した板に描かれたテンペラ画であり、
油はテンペラ画に奥行きや光沢を出すために補助的に使われていました。
 
日本人にもなじみ深いイタリアルネッサンスの名画の数々、
ボッティチェリの『ヴィーナスの誕生』、『春』、
レオナルド・ダ・ビンチの初期の頃の作品『受胎告知』なども、
テンペラ画で描かれたものです。
 
その後、3次元的な奥行き空間の再現に重きが置かれ、
また画面の深み、重厚感、光沢が好まれたため、
油で溶いた顔料で描く油彩画へと移行していきました。
 
また、大きな作品を容易に扱うことができるとして、
支持体も板に石膏を施した重いものから、
木枠に麻布を張った軽く持ち運びやすいものへと移行していきます。
 
その後産業革命を経てチューブ入り油絵具が浸透し、
今日の麻布の上に油絵具で描く『油彩画』のスタイルが定着していったようです。
 

テンペラ画の特徴

 
顔料と卵黄を混ぜあわせた絵具で描いたものです。
また、下地には平滑な板に石膏を塗布し、入念に磨きあげたものを使用しています。
 
1400年頃に当時の絵画技術を体系的に記した画家チェンニーニは、
その著書『絵画術の書』において、
『われわれの技法の中では、最も優美できれいなわざである』と記しています。
 
 

第2章 テンペラ画の魅力 を読む

美術・絵画の豆知識 に戻る

第2章 テンペラ画の魅力

テンペラ画のあらましは、第1章でお分かり頂けたでしょうか?
 
しかし歴史の流れだけを見ると『描き方が変わっているだけで、油絵にとって代わられた古臭い絵画だろう』
と思われるかもしれませんが、そうではありません。
 
この章では、その独特な風合いと、油絵にはない魅力についてご説明致します。
 

顔料そのものの持つ発色の美しさ、鮮やかさ

 
油絵の油が、顔料に深みや重厚感を与えるものであるのに対し、
テンペラ画の卵は、顔料本来の発色の美しさをそのまま画面上に定着させます。
 
沈み込むことのないクリアで明るい色味、色調は、
優れた採光性を持つ現代の明るい居住空間、建築空間にも
違和感なく溶け込み、調和します。
 

マットな質感

 
磨き上げられた石膏下地のしっとりとした質感の上に重ねることで得られる
独特な艶消しのマットな質感、フラットでしっとりとした表情は、
ナチュラルな雰囲気の空間にはもちろん、現代的で明るい空間にも溶け込み、美しく調和します。
 

工芸的な美しさ

 
石膏や金箔を駆使した美しい技法は、工芸品としての要素を多分に持ち合わせています。
その細工の美しさを楽しむことができます。
 

平面世界の美しさ

 
15世紀以降の西洋絵画が3次元空間の再現に重きを置いていったのに対し、
テンペラ画では、平面の中ならではの表現のおもしろさや、
人の手によって描かれた温かみを感じることできます。
 
ハッチングと呼ばれる入念なタッチの重ねで微妙な色調の変化をつくり出し、
浅い中にも味わい深い精神性や暖かい人間性を感じる独特な絵画空間を作り出します。
 

芯のある、クオリティの高い表現

 
画家自身の内にある崇高なテーマを描くために、
下描き(素描)から石膏下地の制作(石膏下地の塗布、磨きあげ)、絵画材料の選択まで、
全てのプロセスにおいてこだわり抜いた制作が可能です。
 
油絵から機縁、発展し今に至る現代絵画では
『うつろいゆく人間の不確実性や、繊細な内面性の再現』に重きが置かれていますが、
長い歴史の中で見るものに感動を与えてきたテンペラ画の表現は、
いつの時代にも人が美しいと感じる、美という意識の中にある普遍性、
ゆるぎない恒久的な要素を与えてくれます。
 

テンペラ工房が目指すテンペラ画

 
一度は油絵への移行とともに衰退したテンペラ技法ですが、
長い歴史の中で見るものに『普遍的な美の形』というものを与えてきました。
 
その磨き上げられたきわめて人間的な行為の結実であるテンペラという手法は、
今日のよりどころと呼べるものが希薄で不確実な時代の中では逆に重要な意味を持っています。
 
その奥深く独特な世界観のエッセンスは、今日の社会の時代性、精神性と結合することで、
新たなる絵画表現として無限の可能性を秘めた手法の一つであると考えます。
 
テンペラ工房は、ルネッサンス初期の工房で行われていた伝統的な技法に従い、
丹念に磨き上げた石膏下地に高純度の顔料と金箔を用いた制作プロセスを忠実に踏襲しながら、
今日的なテーマを丁寧にこだわり抜いて描いています。
 
 
 

美術・絵画の豆知識 に戻る