テンペラ工房 制作日誌

テンペラ工房 制作日誌

完成!

 

今日は、壁画の最終日。
 
描けば描くほど欲が出てきてしまいますが、
何とか、『これで。』と思うところまで描くことができました。
 
仕上げるのに頭がいっぱいで、
またしても写真を撮ってくるのをわすれてしまいました、、。
 
完成写真は、後日、別途しっかりと撮影することに。
SZK Galleryさんのサイトで、作業風景を見ていただけます。
https://plus.google.com/photos/102042595178748041613/albums/6113699436020335073?authkey=CMXB_MLH5eTn2gE
 
今回完成した壁画の公開は、当初3月末までの予定でしたが、
4月末までに延長して頂けました!
 
お近くにお越しの際は、ぜひお立寄りください。
 
Gallery 所在地はこちらです。
 
szk Gallery 地図
 
SZK Gallery 住所:神奈川県茅ケ崎市元町4-32

今日も、彩色

 

昨日に引き続き、今日も彩色。
 
やっと、一番下の鹿から、
一番上の鳥のヒナたちまでたどりつくことができました。
 
5日で描けるかしらと心配でしたが、
今日の時点で何とか階段の上までひととおり描けたので
ほっと一安心です。
 
今日は写真を撮り忘れたので、
画像のアップデートはなしです、、。
 
明日は最後の仕上げ。
頑張ります。

壁画の彩色

 

昨日に引き続き、壁画を描いています。
 
今日から、彩色に入りました。
 
昨日の墨の上から、茶系の絵の具で彩色。
 
壁画の彩色
 
鹿、リス、鳥と、盛りだくさんの動物たちを、
明日も続けて描いていきます。
 

壁画を制作しています

 

茅ケ崎のSZK Gallery で壁画を描かせて頂くことになり、
昨日から制作を開始しています。
 
昨日は木炭でデッサン。
 
木炭の下絵
 
そして今日はその上から墨入れまで、終えました。
 
墨入れ01
 
明日からは彩色です。
 
3メートル x 2 メートルという大きな画面を描くのは
本当に久しぶりでしたが、全身で体感しながら描く感覚が心地よく、
朝9時から描きはじめて、気づくともうあたりが暗くなり、
一日が終わっているという感じです。
 
長いこと、大きな絵を描くことの意義を感じていませんでしたが、
その魅力を今回、再認識しています。
 
作品は、山梨の長くて厳しい冬を生き抜いて、
春へと向かう生き物たちがテーマです。
 
制作は2月13日まで。
完成した壁画は今年の3月末まで、
いつでも見ていただくことができます。
 
制作中でも、その後でも、お近くに来られる際は
ぜひお立ち寄りください!
 
Gallery 所在地はこちらです。
 
szk Gallery 地図
 
SZK Gallery 住所:神奈川県茅ケ崎市元町4-32

大きな水張り

 

三分一湧水での、水と草が湧きあがる様子に触発されて、
今までと比べるとかなり大きめの水彩画を
制作することにしました。
 
今日は、F50号の水張りです。
 
水彩紙の裏面をしっかりと濡らして、
 
大きな水張り01
 
四隅を水張りテープで張りこんで行きます。
パネル側面の紙の隅は、ツメをたててビチッと、
テープをしっかり固定させます。
 
大きな水張り02
 
紙が大きいとたわみも大きく、
こんなにたわんでいて大丈夫? と心配になりますが、
乾けばフラットになるので、このまま張り込みます。
 
無理に押さえつけるとしわになるので、
たわんだまま隅をしっかり張り込むことが重要です。
 
大きな水張り03
 
15歳の時に初めてやったこの作業。
 
今でもふと、見様見真似でなんとか張り終えた
当時の記憶がよみがえります。

展示のためのスケッチ4

 

今日も、三分一でスケッチです。
 
源泉のところから、草木が、
水と一緒に湧きあがるように生える様を
とらえようという、ねらいでの制作です。
 
三分一でのスケッチ0401
 
蚊が出てきたので、
自作の虫よけスプレーをプシュッ。
 
スプレーの成分であるレモングラスとユーカリの
香りに包まれました。
 
目の前も、足元も、草。
モチーフも、泉と草。
 
そして、虫よけスプレーの香りも、草。
 
パレットと画面は、草のみどり。
 
三分一でのスケッチ0402
 
草づくしの、制作です。
 
おまけのセキレイ君。
駐車場をうろちょろしていました。
 
三分一のセキレイ
 

展示のためのスケッチ3

 

今日も三分一湧水へ。
 
屋内では、どうしても煮詰まってきてしまう制作。
 
描き方、雰囲気など、表面的なものの足並みだけ
そろってきていまいそうなので、
もっと根っこのところからしっかり押さえたくて、
やってきました。
 
三分一では、今まではラフスケッチに留まっていましたが、
今回からは水張りパネルを持ち込んで、
水彩画を制作することに。
 
コポコポッ、と湧いて流れる水の音を聞きながら、
水源の脇に生え出てきている草を、描き始めました。
 
三分一湧水の草0301
 
ひんやりとした空気、うす暗い木陰、
その中で、パッと光るように地面から噴き出す、
小さな草やコケ。
 
三分一湧水の草0302
 
背丈はないけれども、無数に湧き出て、
つながって、生え広がる様。
 
何度も通って、描いていきます。

新作『ムスカリⅢ』をリリース

 

『ムスカリⅠ』、『ムスカリⅡ』に続く連作、
『ムスカリⅢ』をリリースしました!
 
muscari03 watercolor

『ムスカリⅢ』紙に水彩 33.3cm x 24.2cm

 
はみだしそうな春の焦りが、
ムスカリの青を夢中で写し取るうちに、
すっと治まっていくのを感じました。
 
焦る気持ちも、はやる気持ちも、
全部ムスカリの青に託して、
描いた作品です。
 
作品の詳細については、こちらをご覧ください。
 
 『ムスカリⅢ』 の作品詳細を見る

新作『ムスカリⅠ』,『ムスカリⅡ』をリリース

 

黄色やピンクの花がにぎやかに野山を彩るこの季節、
すらっとしなやかに咲く花、ムスカリ。
 
その気品に満ちた佇まいを写し取るように描いた作品、
『ムスカリⅠ』、『ムスカリⅡ』を公開いたしました。
 
LayeredColor01

『ムスカリⅠ』紙に水彩 10.0cm x 14.0cm

 
LayeredColor02

『ムスカリⅡ』紙に水彩 14.0cm x 18.0cm

 
にぎやかな季節の訪れに、
自分だけが取り残されたような気持ちになっていた時。
 
ムスカリの美しいたたずまいに向き合い、写し取るうち、
心の中の焦りや苛立ちが治まっていくのを感じました。
 
『ムスカリⅠ』、『ムスカリⅡ』に続き、
只今、『ムスカリⅢ』も制作中です。
仕上がりましたら、追って公開いたします。
 
それぞれの作品の詳細については、こちらをご覧ください。
 
 『ムスカリⅠ』 の作品詳細を見る
 『ムスカリⅡ』 の作品詳細を見る

ムスカリのスケッチ

 

先日頂いたムスカリがあまりにもきれいなので、
水彩でスケッチすることにしました。
 
たくさんついている袋のひとつひとつを、
丁寧に筆で追っていきます。
 
ぷちぷち、ぷちぷち。
 
ムスカリのスケッチ風景
 
たくさんの花が咲き誇るこの季節、
野外で描くと思わぬ発見が。
 
思わぬ色、思わぬ形。
 
自分の中にはない新しい要素に、
出会うことができます。
 
野花から学ぶことが、たくさんあります。

&Laquo; 古い記事