お知らせ

展示のお知らせ:松岡しずか展 『柔らかい、ところへ。』

 
松岡しずか展 『柔らかい、ところへ。』
(SZK Gallery 企画展示)
 
会場:SZK Gallery
 
日時:2016年2月16日(火) ~ 2月28日(日)
11:30 – 18:00 (月曜休廊、最終日:16:00迄)

 
Spring!, tempera work>

Title: Spring Tempera on Gesso, Canvas 130.0 cm x 162.0 cm

 

【展示の内容】
 
昨年の壁画制作に引き続き、SZK Gallery の企画による個展展示。
 
現代美術の大きな流れの中に於いて、テンペラ画の様にプロセスに支配される要素が大きい古典的な描き方は、現代性に欠け、感覚やおぼろげな意志などを表現しきれないとされている。確かに、テンペラは、厳格な作業工程、プロセスを踏みながらの制作となり、一見、即興的な描き方や、その時の感覚を自由に描くことは難しいように思われる。しかし、幾つものプロセスを経て執拗に描き進んでいくうちに、硬質だった画面には、繊細で柔らかい空気感が生まれてくる。自由度が高いとされている描き方では得られなかった、入念で、確かで、しかし柔らかな画面が生まれてくる。
 
今回の展示『柔らかい、ところへ。』では、山の厳しい寒さを耐えて生きる動物達をモチーフに選び、春の柔らかい暖かさを目指して生きる彼らの意志が、やがて画面に生まれる柔らかさの中に結実することを求めて制作した作品を展示。
 
動物達の思いの先にある柔らかさと、幾つもの工程の果てに画面の中に現れる柔らかさが重なり合う時、そこには奥行きを持った調和が生まれる。
 
【会場詳細】
 
SZK Gallery
〒253-0043 神奈川県茅ケ崎市元町4-32
URL: http://www.szk.jp

 
szkgallerymap.pdf

新年のご挨拶 2016

 

明けましておめでとうございます。
 
昨年中は大変お世話になりました。
 
個展に足をお運び頂きました皆様、
テンペラ工房のホームページをご覧頂いた皆様との
貴重な出会いに、心から感謝致します。
 
昨年は、自分のことだけれども見過ごしてしまっていたもの、
柔らかく、微細すぎて潰してしまっていたものと
向き合うため、積極的な発信を控えておりました。
 
そうして、少しづつではありますが
画面の中で生まれ、かたちとなってきたものを
今年は、作品の内容に合った形式で
発表していきたいと思っています。
 
試行錯誤ではありますが、
展示の折には、その都度お知らせさせて頂きますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
 
サルのイラスト

展示のお知らせ:松岡しずか展 『やがて、みどりへ』

 
松岡しずか展 『やがて、みどりへ』
 
会場:キッチンハートランド
 
日時:2015年4月1日(水) ~ 5月31日(日)
11:00 – 19:00 (火曜定休)

 
Spring01

Title: 春の訪れ 板に石膏、テンペラ 33.3cm x 24.2cm

 

【展示の内容】
 
山の厳しい冬を乗り越えた生き物たちが、明るい光の季節を迎え、
活き活きと瑞々しい精気を放ち動き出す様子を描いたテンペラ画 約10点を展示。
 
『春へ、』の想いを抱きながら、しずかに、そして
たくましく生き抜く野生の生き物たち。
 
その力強い生命力には、素朴で、また原始的でありながら、
元々はそれら生き物たちの一部であるわたし達人間の、
忘れかけていた本来の生き方とは何かを、思い出させてくれるのである。
 
【会場詳細】
 
キッチンハートランド
〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3231-4
TEL:0551-36-6162

 
作品展示会場の地図

壁画の展示 – SZK Gallery (神奈川)

 
松岡 しずか 壁画展示『春を目指して』
 
会場:SZK Gallery
 
期間:2015年2月14日(土)~2015年4月30日(木) (月曜定休)
→2015年5月15日(金)まで、延長となりました!

 
壁画『春を目指して』
【展示作品の内容】
茅ヶ崎 SZK Gallery 入り口部分 3m x 2m の壁面に、
壁画を制作しました。
 
昨年9月の、同ギャラリー主催『壁画アートコンペ』での
金賞受賞にともなう制作です。
 
厳しい寒さを乗り越えた山の生き物たちが、
明るい光を感じながら、春を迎える様子を描いています。
 
階段の下から上まで、
動物や鳥たちがダイナミックに生きる様を
楽しんで頂ける作品です。
 
写真ではわからない迫力と細部に至るまでの表情を、
ぜひ現地でご覧ください。
 
【会場詳細】 
SZK Gallery
所在地:神奈川県茅ケ崎市元町4-32
TEL: 0467-58-0846
 
szk Gallery 地図
 

新年のご挨拶 2015

 

明けましておめでとうございます。
 
昨年中は大変お世話になりました。
 
個展に足をお運び頂きました皆様、
テンペラ工房のホームページをご覧頂いた皆様との
貴重な出会いに、心から感謝致します。
 
今年も、私 松岡は、
日々の生活の中で見たこと、感じたことをもとに、
ゆっくり、じっくり、温めるように、
作品を制作して参ります。
 
描き重ね、塗り重ねた色、かたちが、
画面の中で結実、熟成し、
どこかで、皆様の心に響くものとなればと願っています。
 
どうぞよろしくお願いいたします。
 
ヒツジのイラスト

年末年始の発送について 2014

 

誠に勝手ながら年末年始休業のため、以下の期間は商品の発送業務を休業させていただきます。
2014年12月27日(土)~2015年1月4日(日)
上記期間中も注文は承っておりますので、どうぞご利用ください。
 
なお上記期間中にご注文頂いた場合には、2014年1月5日(月)を起点として出荷準備させて頂きます。
(例)『在庫あり』となっている額なし作品の場合は通常3日以内で出荷致しますが、
この場合には1月7日までに出荷となります。

展示のお知らせ:松岡しずか展 『湧き上がる、みどり』 (八ヶ岳の風2014 – 特別展)

 
松岡しずか展 『湧き上がる、みどり』
(八ヶ岳の風2014 – 特別展)
 
会場:Gallery & Shop亜絲花(あしはな)
 
日時:2014年9月3日(水) ~ 9月15日(月)
10:00 – 17:00 (会期中無休、最終日:16:00迄)
オープニングレセプション : 3日(水) 15:00~

 
spreading-green1>

Title: Spreading GreenⅠ Watercolor on Paper 116.7cm x 91.0cm

 

【展示の内容】
 
人、もの、情報が複雑に関係しあいながら構成されている現代社会において、わたしたちは、ともすれば、その社会の形状のあまりの複雑さや難解さに、方向を見失ってしまい、内向きな思考に陥りがちになる。
 
狭い領域に自らを縛りつけるように内向きな行動を繰り返していたわたしの目に、ある日飛び込んできたひとつの鮮烈な形。それは、地表に芽吹き、陽の光を求めてまっすぐに伸びる草花が描く、『外へ、外へ』の形だった。茎を伸ばし、根幹から外へと向かって生え広がる形は、方向定まらず迷うわたしに、生きることの本来の姿を指し示してくれる、ひとつの鍵として映った。
 
その形の持つ力強い勢いをとらえて描こうと、自然の中の草花が作り出す『外へ、外へ』の形を拾っては、その形をなぞるように、顔料と金箔を塗り重ねるうちに画面上に表れたのが、外向きの方向性を帯びたみどりの塊である。空へ向かって伸び進む葉や、根幹から生え広がる葉脈、天を目指して歩むてんとう虫を拾い出しては画面の中に写し取る作業を繰り返すうち、やがて画面自体が『外へ』の勢いを帯び、大きなみどりの塊となって、画面の外へと向かって生え広がっていくのである。
 
今回の展示では、展示会場であるGallery & Shop亜絲花(あしはな)の所在地であり、松岡の活動拠点でもある甲斐小泉(山梨県北杜市)の地で、豊かな湧き水の恩恵を受けて生息する草花の、『外へ、外へ』と湧き上がるように伸びていく姿に着目することで浮かび上がってきた、みどりの塊とその勢いあふれる造形を描いたテンペラ画および水彩画約20点を展示。
 
そのうちの一点、『Spreading GreenⅠ』では、画面中央下部を起点に、湧き出るように芽吹いた幾千枚もの葉が、重なり合い、大きな形を形成しながら、画面上端へと向かってダイナミックに突き進んでいく様を、純度、透明度の高い透明水彩を使って描いている。
 
わたし自身の内なる想いが、このみどりの塊と共に、いつか天まで届くことを願って。
 
【会場詳細】
 
Gallery & Shop亜絲花(あしはな)
〒408-0031 山梨県北杜市長坂町小荒間2000-5
TEL:0551-32-6781

 
亜絲花 地図

Shizuka Matsuoka, Solo Exhibition

 
“Shizuka Matsuoka, Solo Exhibition”
- Spreading Green -
 
Date: Sep.3th – Sep.15th
Hour: am 10:00 – pm 5:00
Opening Reception: 3th pm 3:00

 
spreading-green1>

Title: Spreading GreenⅠ Watercolor on Paper 116.7cm x 91.0cm

 

This is a solo exhibition of Shizuka Matsuoka, who is working on Tempera and Water color paintings based on the subject of “wide interconnecting structure of nature”.
 
The exhibition is held on the typical location of “Kai-koizumi”, where is widely known as a nature spring spot with high-purified water of “Sanbuichi-Yusui”.
 
Matsuoka focused on the rich blessing of water springing endlessly from the ground, and the “green” plants and leaves besides the water, meanwhile coming into bud and spreading and blooming widely and flexibly with remarkable vigor.
 
With the theme of “Vital Greens’ Vigor”, approxmately 20 works of tempera and watercolor paintings are released. One of these works, in “Spreading GreenⅠ”, thousands of leaves painted with transparent purified green, are spring from the bottom of the center and forwarding into the outside of the screen by depicting a dinamic form.
 
This core figure of “inside out vigor”, which is the common foundamental aspect in the nature world, is symply showing us what is the real meaning of “Life”, and directing us into the original “way of Life” beyond our daily world of the complexed and inward human societies.

 

Locattion: Gallery Ashihana
2004-5,Koarama,Nagasaka-cho,
Hokukto-shi,Yamanashi,Japan 408-0031
TEL:81-551-32-6781

 
Ashihana Map

新作『葉脈の上のてんとう虫Ⅲ』をリリース

 

新作『葉脈の上のてんとう虫Ⅲ』をリリースしました!
 
葉脈の上のてんとう虫Ⅲ 

『葉脈の上のてんとう虫Ⅲ』パネルに石膏,テンペラ 36.0cm x 45.5cm

 
第8回 ガレリア・レイノ大賞展の入選作品です。
 
応募したのが今年の2月で、
先月末の入選作品の展示が無事終わり、
3か月の時を経てようやく手元に戻ってきましたので、
この度テンペラ工房のページでリリースいたします。
 
一番寒い1月、2月の季節。
地面はカサカサに乾いた落ち葉に覆われ、
葉の緑にも、てんとう虫の赤にも実際会うことが叶わないなか、
絵の中の、脈々とした葉の広がりと、鮮やかなてんとうの赤に、
すべての情熱を込めて、願いを託すように描いた作品です。
 
ハッチングで、極細の線を丹念に塗り重ねて、
葉とてんとうの織りなす、繊細で力強い世界を描いています。
 
※この作品はテンペラ工房のサイトで購入いただけます。商品ページは こちらから

新作『ムスカリⅢ』をリリース

 

『ムスカリⅠ』、『ムスカリⅡ』に続く連作、
『ムスカリⅢ』をリリースしました!
 
muscari03 watercolor

『ムスカリⅢ』紙に水彩 33.3cm x 24.2cm

 
はみだしそうな春の焦りが、
ムスカリの青を夢中で写し取るうちに、
すっと治まっていくのを感じました。
 
焦る気持ちも、はやる気持ちも、
全部ムスカリの青に託して、
描いた作品です。
 
作品の詳細については、こちらをご覧ください。
 
 『ムスカリⅢ』 の作品詳細を見る

&Laquo; 古い記事