テンペラ工房 制作日誌

テンペラ工房 制作日誌

展示のためのスケッチ3

今日も三分一湧水へ。
 
屋内では、どうしても煮詰まってきてしまう制作。
 
描き方、雰囲気など、表面的なものの足並みだけ
そろってきていまいそうなので、
もっと根っこのところからしっかり押さえたくて、
やってきました。
 
三分一では、今まではラフスケッチに留まっていましたが、
今回からは水張りパネルを持ち込んで、
水彩画を制作することに。
 
コポコポッ、と湧いて流れる水の音を聞きながら、
水源の脇に生え出てきている草を、描き始めました。
 
三分一湧水の草0301
 
ひんやりとした空気、うす暗い木陰、
その中で、パッと光るように地面から噴き出す、
小さな草やコケ。
 
三分一湧水の草0302
 
背丈はないけれども、無数に湧き出て、
つながって、生え広がる様。
 
何度も通って、描いていきます。


応援のクリック 頂けるとうれしいです!
にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする