テンペラ工房 制作日誌

テンペラ工房 制作日誌

『葉脈の上のてんとう虫Ⅱ』の細部

先月末に公開した『葉脈の上のてんとう虫Ⅱ』。
 
今日はその細部をご紹介します!
 
墨で素描をした上から、卵黄で溶いた顔料・染料を、
繰り返し何度も、丁寧に塗り重ねています。
 
てんとう虫の部分は、鮮やかな赤を出すために、
特に気を遣う部分です。
 
オーソドックスな方法ですが、
カドミウムレッドの上から、ローズマダーを塗り重ねることで、
鮮やかな赤が生まれます。
 
【『葉脈の上のてんとう虫Ⅱ』細部】
葉脈の上のてんとう虫 細部写真
 
支持体は、こだわりのジェッソ・ソティーレ。
板の上にきめ細かい純白の石膏を塗り、磨き上げてつくった支持体です。
 

【作品 支持体側面】
葉脈の上のてんとう虫 サイド写真
ジェッソ・ソティーレは、焼石膏を1か月水につけて二水化するところから始まり、とても手間がかかる処方ではありますが、
テンペラの描画を引き立たせる美しい下地で、当工房ではこだわって、毎回自作のジェッソ・ソティーレ下地を施しています。

 
下地作りから始まって、長い長い工程を経て生まれた作品。
 
てんとう虫君の一途な情熱に習って、これからも一歩一歩を大切に、
作品をつくり続けていきます。
 
※この作品はテンペラ工房のサイトで購入いただけます。商品ページはこちらから


応援のクリック 頂けるとうれしいです!
にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする