テンペラ工房 制作日誌

テンペラ工房 制作日誌

メビウスの帯

これが『強さ』だと、ずっと信じ続けていたことは実は『弱さ』で、
逆に『弱さ』だと決めつけていたことの中から、何かが生まれることがあります。
 
作品を制作する上でどうしても、
人を惹きつけるような強さ、説得力のようなものを
意識しながら作ることが多いのですが、
それが返って、作品を弱くしているように、感じることがあります。
 
漠然とした感覚ですが。
 
『弱い』と思って切り捨てていたようなことの中から、
膨らんでいくことが、あります。


応援のクリック 頂けるとうれしいです!
にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする